島村楽器 ラゾーナ川崎店 シマブロ

島村楽器 ラゾーナ川崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【HOTLINE2017】出場アーティスト『posahi a.k.a warota』さんにウクレレ・マイクの比較レビューをして頂きました!

こんにちは、ラゾーナ川崎店の犬田です。
今回はHOTLINE2017に出場してくれたposahi a.k.a warotaさんにウクレレマイクの比較レビューをして頂きました。
ウクレレ3機種、マイク3機種を比較して頂き感想をお伺いしましたので購入をご検討中の方、ご興味のある方は是非参考にして下さい!

今回比較して頂くウクレレはこちら!
f:id:shima_c_l-kawasaki:20171105175834j:plain
※写真左からKSM-02/KSM-10/KSMO-00
詳細は下記に記述致します。


まずはposahi a.k.a warotaこと加藤久志さんのプロフィールからご紹介させて頂きます。

加藤久

ソロプロジェクト posahi a.k.a. warota を2017年7月に立ち上げ、自身による作詞作曲の楽曲をウクレレ弾き語りのスタイルで演奏する。2015年夏、ハワイへの旅行をきっかけにウクレレの魅力に目覚め、なぜか翌2016年1月頃(真冬の時期)にウクレレを始める。現在は、posahi a.k.a. warota の他に、古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバを弾きバロック音楽のコンサートへの出演や、コントラバスを弾きジャズのライブやクラシックのコンサートなどに参加、そしてロックやポップスのバンドではベースを弾きサポートメンバーとしての活動も行っている。洗足学園音楽大学ジャズコースをベース専攻、同大学院楽器コースをコントラバス専攻で卒業。

SoundCloud
https://soundcloud.com/4upky7uobcbe

ブログ
https://ameblo.jp/organic-cosme-memeko/

twitter
https://twitter.com/tonkatitonton

それではレビューの模様です。音源と合わせてご紹介させて頂きます。
まずはウクレレ本体の弾き比べです。
録音環境
cubase
apollo twin duo
SM57

KSM-00

【スペック】
ボディサイズ:ソプラノ
トップ材:ハワイアンコア単板
バック&サイド材:ハワイアンコア単板
ネック材:マホガニー
指板材:ローズウッド

こちらはソプラノスタンダードサイズ。
豊かで明るい音色が特徴のハワイ製人気モデル。
ソプラノサイズでは他のメーカーを圧倒するほどの音量が出るお薦めのモデルです。
メーカーサイトより引用

デモ演奏

弾いてみての感想
中音域がふくよかで非常に聞きやすい。
ウクレレのスタンダードというか基準になるモデルと感じました。

KSM-10

【スペック】
ボディサイズ:ソプラノ
トップ材:ハワイアンコア単板
バック&サイド材:ハワイアンコア単板
ネック材:マホガニー
指板材:ローズウッド

こちらはサテン仕上げの“Pikake(ピカケ)”シリーズのソプラノサイズです。

デモ演奏

弾いてみての感想
クリアですっきりした音。
ソプラノタイプらしい音がいいと感じました。

KSM-02

【スペック】
トップ:ハワイアンコア単板
サイド&バック:ハワイアンコア単板
ネック:マホガニー
指板:ローズウッド

こちらはKSM-00のロングネック仕様です。
どのように違いが出るのか、、、

デモ演奏

弾いてみての感想
ロングネックによりレンジが広くなった気がします。
広がりのある音ですね。
慣れれば弾きやすく感じるのこのモデルかもしれません。

3機種比較して,
『スタンダード』なモデル、KSM-00を気に入って頂けました。
皆様はどのように感じられたでしょうか?
それではKSM-00を使用しマイクの比較へと移ります。

まずは、、

audio technica AT4040

コンデンサーマイクの定番機種です。
ご使用されている方も多いのではないでしょうか?

デモ演奏


弾いてみての感想
中域が少し出る感じ、これを基準に聞いていきます。

LEWITT LCT 440 PURE

創業8年程の若いブランドですがコストパフォーマンスに優れ人気が出ているLEWITTからこちらの機種です。

デモ演奏

弾いてみての感想
抵抗感が無く出した音をそのまま撮ってくれる感じ。
楽器の録音が非常にいいと感じました。

Aston Microphones Aston Origin

最後はイギリス発のコンデンサーマイク
ポップガードが中に埋め込まれていたりショックマウントが不要な点が便利です。

デモ演奏

弾いてみての感想
まずデザインがかっこいい!(笑)
歌にも艶が出て距離感も近く臨場感がある。
自分が表現したい事をより良く表現してくれる気がします。
こちらが一番気に入りました。

それぞれいい部分があり甲乙付け難い中Aston Originを選んで頂きました。
皆様はどう感じましたでしょうか?
皆さんのマイク選び、又ウクレレ選びの参考になればと思います。

最後に

『posahi a.k.a warota』さんに当日の感想をお伺い致しました。
こういった形での録音は初めてで新鮮でした。
マイクが変わる事により表現が変わる事が印象的でした。
選ぶマイクにより自分が楽に歌える、又抵抗感があるものもあったのでマイク選びは非常に重要だと感じました。
自分の声の特性(低音域)はどのマイクもしっかり拾えていたので後は好みの問題かなと思いました。


皆様の参考になればと思います。
ご協力して頂きました『posahi a.k.a warota』さん、並びにご覧頂きました皆様ありがとうございます。
ラゾーナ川崎店は『posahi a.k.a warota』さんを応援し続け、又皆様のお力添えになりたいと考えております。
このような事がしたい!等ありましたらお気軽にご相談下さい!
それでは失致します。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.